国生さゆり「初恋を思い出す」イーモウ新作に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月21日 > 国生さゆり「初恋を思い出す」イーモウ新作に感激
メニュー

国生さゆり「初恋を思い出す」イーモウ新作に感激

2011年6月21日 13:14

初恋の思い出を語った国生さゆり「サンザシの樹の下で」

初恋の思い出を語った国生さゆり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントで女優の国生さゆりが6月21日、都内で行われたチャン・イーモウ監督の最新作「サンザシの樹の下で」のプレミア試写会に出席し、「抑えたお芝居と情緒あふれる映像。切ないシーンがたくさんあって、胸がキュンキュンした。涙なしに見られないし、自分の初恋を思い出す」と感激しきり。来日中のチョウ・ドンユィショーン・ドウと対面し、「とてもエレガントな女性」(ドンユィ)、「まるで玉蘭の花」(ドウ)と持ち上げられ、上機嫌だった。

初恋のきた道」で知られるイーモウ監督が中国で300万部を売り上げたベストセラーを原作に、文化大革命の嵐のなかで、はかなく散った青年と少女の悲しい純愛を描く。

主演のドンユィは演技未経験ながら、約7000人からオーディションで選ばれ、本作で主演デビュー。コン・リーチャン・ツィイーに続く逸材として、大きな注目を集めている。初来日したドンユィは、「なぜ私が選ばれたのか、今もわからないほど。自分がどう撮られているかもわからず、ついカメラ目線になってしまうことも」と初々しい素顔を披露。「来日した晩にラーメンを食べに行きました。日本の女の子はきれいでおしゃれ」と満喫した様子だ。

一方のドウも本作が本格的なデビューとなり「自分にとって、人生の大きな転換期となった。監督からは演技だけでなく、人間的にも多くを学びました」。撮影時に11キロの減量に挑むなど役作りへの真剣さが認められ、イーモウ監督の次回作「Nanjing Heroes」にも起用されている。

そんなふたりに対し、婚約者との入籍が決まった国生は「とにかく一途に相手を愛し、ときには耐え忍ぶことも大切」とアドバイス。「でも、私も初恋の人と結婚し、離婚したので……」と自虐的なコメントで笑いを誘った。

サンザシの樹の下で」は7月9日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi