「007 カジノ・ロワイヤル」監督が続編「慰めの報酬」を批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月20日 > 「007 カジノ・ロワイヤル」監督が続編「慰めの報酬」を批判
メニュー

「007 カジノ・ロワイヤル」監督が続編「慰めの報酬」を批判

2011年6月20日 11:32

キャンベル監督、「慰めの報酬」を批判「007 カジノ・ロワイヤル」

キャンベル監督、「慰めの報酬」を批判
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007 カジノ・ロワイヤル」(2006)のマーティン・キャンベル監督が、自分に代わってマーク・フォースター監督がメガホンをとった続編「007 慰めの報酬」(09)を批判したことが明らかになった。

ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとして初登場した「007 カジノ・ロワイヤル」は、ファンや評論家からの評価も高く、興行的にも大成功をおさめた。一方、「007 慰めの報酬」については、やや期待はずれの声も多かったようだ。

キャンベル監督は、米CraveOnlineのインタビューで「007 慰めの報酬」の感想を問われ、「あれはひどかった」と一蹴。その理由について、「ストーリーがつまらなかったし、アクションが登場人物にうまく結びついていなかった。正直、全体的にとっちらかっていたと思うよ」と話した。そのうえで、「次回作はすばらしいものになってほしい。サム・メンデスが監督するんだから、きっと良いものになるだろう」と新作に期待を寄せた。

メンデス監督がメガホンをとるシリーズ最新第23作「ボンド23(原題)」は、クレイグのほか、ボンドの上司M役でジュディ・デンチが続投。また、悪役として、レイフ・ファインズハビエル・バルデムの参加が噂されている。2012年10月26日英公開、同11月9日全米公開を予定。

キャンベル監督の最新作「グリーン・ランタン」は、9月10日から日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi