中村蒼、スカート&タイツで“ロミオ”姿を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月19日 > 中村蒼、スカート&タイツで“ロミオ”姿を披露
メニュー

中村蒼、スカート&タイツで“ロミオ”姿を披露

2011年6月19日 20:58

スカート姿で登場した中村蒼「行け!男子高校演劇部」

スカート姿で登場した中村蒼
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「行け!男子高校演劇部」の完成披露試写会が6月19日、都内のホールで行われ、主演の中村蒼をはじめ、池松壮亮ら主要キャスト7人と英勉監督が舞台挨拶に登壇した。

勘違いから廃部寸前の演劇部に入部した主人公が、他校の演劇部の女子生徒に一目ぼれし、振り向かせるために演劇祭に向けて闘志を燃やすが……。個性派俳優として舞台や映画で怪演を見せる池田鉄洋が脚本を手掛けた。

男性キャスト陣は、劇中の演劇パートで着用した衣装で登場。スカートにタイツという「ロミオとジュリエット」のロミオの姿で現れた中村は「映画を見ていただければわかります……」と照れ笑い。「初めて演じるタイプの役で、自分の殻を破らないとできなかった。テンションMAXでやりました」と笑顔で撮影を振り返った。

池松は葉の着ぐるみ姿で、中村以上に恥ずかしそうな表情。「くだらない映画を、愛を持って作りました。やっている僕らは楽しかったですが、お金を取っていいのか……。チャリティの一環かと」と外見からは計り知れない“苦悩”を明かした。

英監督も含め、登壇陣はこの日も男子校さながらのノリ。英監督は開口一番「本日は『もしも演劇部のマネージャーが『JUNON』を読んだら』に……」と口走り、中村らから一斉にツッコミを受けていた。そんな“男子たち”に対し、紅一点の新川優愛は「本当にみんな、仲が良くてここは学校なんじゃないかと思いました。男の友情がうらやましかったです」と温かいまなざしを向けていた。

行け!男子高校演劇部」は8月6日より公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi