森下悠里“ふたりエッチ”初めて知ったのは高校1年生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月18日 > 森下悠里“ふたりエッチ”初めて知ったのは高校1年生
メニュー

森下悠里“ふたりエッチ”初めて知ったのは高校1年生

2011年6月18日 22:30

イケメンが苦手な森下悠里「映画版 ふたりエッチ」

イケメンが苦手な森下悠里
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計発行部数2300万部を誇る人気漫画を実写化した「映画版 ふたりエッチ」が、6月18日から東京・銀座シネパトスで1週間限定のイブニング上映を開始。主演を務める人気グラビアアイドルの森下悠里が初日舞台挨拶に立った。森下が原作を初めて知ったのは、高校1年生のとき。「当時はキリスト教系の超厳しい女子高だったので、情報も入らないし、誰にも聞けない。だからみんなで熟読しました」と述懐。それだけに、今回の主演は「本当にうれしくて光栄です」と胸を張った。

異性経験がないまま見合い結婚をしたカップルが、初夜での失敗を機に、互いにステップアップを決心する姿がコミカルに描かれる。森下は、美人で生まじめで性格も良い優良を演じ、夫・真役の三浦力とともに濡れ場に挑戦。森下は「やっぱり、苦労したのはベッドシーン。私、基本的にイケメンが苦手なので、三浦さんがそばにいるだけでドキドキしちゃって」とほほを赤らめ、「ふたりのドキドキ感を皆さんにもぜひドキドキしながら見てほしい。エッチを楽しくまじめに学べる作品。それに揺れる女心は、男性には勉強になるはず」とアピールした。

メガホンをとった横山一洋監督は「最初から原作にないものを作ろうと思っていたので、気負いはなかった」。撮影3日目に原作者の克・亜樹(かつあき)が現場を訪れ、「原作を気にせず、好き勝手やってほしい」とアドバイスしたというが、撮影期間が5日間とあって「ちょっと遅かったですね」(横山監督)。舞台挨拶には森下、三浦、横山監督をはじめ、横山美雪二宮敦仲松秀規恵美秀彦越智貴広、くぼたみかが登壇した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi