「スーパーエイト」全米1位 勝因は監督のマーケティング力? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月15日 > 「スーパーエイト」全米1位 勝因は監督のマーケティング力?
メニュー

「スーパーエイト」全米1位 勝因は監督のマーケティング力?

2011年6月15日 11:19

ドラッカーよりマーケティング上手?「SUPER 8 スーパーエイト」

ドラッカーよりマーケティング上手?
(C)2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] J・J・エイブラムス監督の最新作「SUPER 8 スーパーエイト」が、スター不在のオリジナル作品にもかかわらず全米No.1ヒットとなったことで、そのマーケティング手法が注目を集めている。

Deadlineによれば、あるスタジオのマーケティング部門の重役の談話として、テレビスポットでストーリーの詳細を明かさずクリーチャーの姿をいっさい見せなかったことがヒットの要因であると指摘。これは、エイブラムス監督自身の指示によるものだという。映画の宣伝キャンペーンはマーケティング部門が独自に練るため、マーケティング側からすれば、監督の介入は本来歓迎すべきことではない。

しかし、監督がマーケティング部門にはない斬新なアイデアを持ち込むことがあり、「スーパーエイト」はその好例だという。内容を端的に伝える映画宣伝が主流のなかで、今作はその内容を隠すことで、観客に新鮮な映画体験を提供したという。

ドラゴン・タトゥーの女」を手がけるデビッド・フィンチャー監督も、ショッキングな予告編やポスターなどを展開する同作の宣伝キャンペーンを主導しているといい、これらの宣伝が観客動員に結びつけば、監督主導の斬新なマーケティングが増えることになるかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi