遠藤久美子「五日市物語」で2年ぶりの映画主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月15日 > 遠藤久美子「五日市物語」で2年ぶりの映画主演
メニュー

遠藤久美子「五日市物語」で2年ぶりの映画主演

2011年6月15日 11:00

2年ぶりの主演に抜てきされたエンクミ!「五日市物語」

2年ぶりの主演に抜てきされたエンクミ!
(c)2011「五日市物語」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の遠藤久美子が、東京・あきる野市の市制15周年を記念して製作された映画「五日市物語」に主演することになった。遠藤の映画主演は、「3つの港の物語」(2009)以来約2年ぶりとなる。

同作は、国や都の緊急雇用対策事業を活用し、製作スタッフをハローワークで募った。市民団体の五日市キネマ団が中心となり、一般市民も出演。「風の見える街」の小林仁監督が脚本を兼ね、草村礼子、山崎佳之、布施博、青山愛子らが脇を固める。

テレビ番組向けの情報収集を専門に行う「あつめ屋」勤務の友里(遠藤)は、「平成の大合併」の先駆的役割を果たしたあきる野市の歴史を探る。最初は乗り気ではなかったが、あきる野市の穏やかな土地柄と、旧五日市町で暮らしてきたトシ子おばあちゃんとの出会いを通じ、自分を見つめ直す。


あきる野市の歴史に迫ります「五日市物語」

あきる野市の歴史に迫ります
(c)2011「五日市物語」製作委員会
[拡大画像]

遠藤は、2年ぶりの主演に「あきる野市民がスタッフとなり、ゼロからの挑戦だった人もたくさんいました。しかし、それぞれが常に一生懸命であり、人間としての思いやりや気配りが、最後の最後まで輝きを失わなかったことに感動を覚えました」と振り返った。そして、「スタッフの方々の人柄の良さは画面に映ることはできないけど、ひとりでも多くの人にあきる野市の美しさと、人としての素晴らしさと、いろんなエネルギーをこの映画から感じ取ってもらいたいです」とアピールした。

なお、同作は7月30日に開催される「第27回 あきる野映画祭」のオープニング作品に正式に決定。同市の友好姉妹都市である宮城・栗原市が東日本大震災で被災したことを受け、同映画祭で義援金箱を設置する。

五日市物語」は、今秋から順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi