岩井志麻子 ほろ酔いでゲンズブールの魅力を分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月15日 > 岩井志麻子 ほろ酔いでゲンズブールの魅力を分析
メニュー

岩井志麻子 ほろ酔いでゲンズブールの魅力を分析

2011年6月15日 21:11

ほろ酔いの岩井志麻子と立川直樹氏「ゲンスブールと女たち」

ほろ酔いの岩井志麻子と立川直樹氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1991年に死去した、仏歌手セルジュ・ゲンズブールの半生を映画化した「ゲンスブールと女たち」公開記念イベントが6月15日、都内であり、小説家の岩井志麻子とゲンズブールと親交のあったメディアプロデューサーの立川直樹氏がトークイベントを行った。

ブリジット・バルドージェーン・バーキンら数々の美女と浮名を流し、破天荒な人生を送ったゲンズブールの生涯について、シャンパンを飲みながら意見を交わしたふたりは次第に口もなめらかに。「セルジュは取っ組み合いのけんかをしたことがないと思う」と立川氏が話すと、岩井は得意の下ネタに持っていき「ケンカっぱやい男は小さい。穏やかな男は大きいんです。急所が大きいとケンカを避けると思うので、セルジュも大きかったと思うんです。私の見立ては正しいんです」と持論を展開し、会場を笑わせた。

また岩井は、容貌へのコンプレックスと女性へのサディスティックな面を持ち併せていたというゲンズブールを「“オレ様”と“僕ってダメ”の混合系。こういうタイプは女にモテるんです」と分析。例えとして、元タレントの羽賀研二の名をあげ「私、ダイアモンド買わされそうになったことがあるんです」と暴露し驚かせた。

生前のゲンズブールを取材した立川氏は「セルジュに好きなことを聞いたら、『メイクラブ、ドリーム、スモーク、書くこと。そして死を待つこと』と言ったんです」と伊達男ならではのエピソードを披露し、ファンを喜ばせた。

ゲンスブールと女たち」は全国で公開中。

ゲンスブールと女たち[DVD] ゲンスブールと女たち[DVD] 最安価格: ¥3,693 美女たちと音楽に愛された天才セルジュ・ゲンスブール。その華麗にして破天荒な生涯を完全映画化!
魅惑の女優シリーズ“カトリーヌ・ドヌーヴ” 恋のマノン HDマスター版[DVD] 魅惑の女優シリーズ“カトリーヌ・ドヌーヴ” 恋のマノン HDマスター版[DVD] 最安価格: ¥3,652 世紀の美女カトリーヌ・ドヌーヴが現代的なファムファタールを演じ、ジャン・オーレルが監督を務めて放つ異色恋愛作。音楽:セルジュ・ゲンズブール

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi