「コールドプレイ」新曲制作のきっかけは「BIUTIFUL」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月14日 > 「コールドプレイ」新曲制作のきっかけは「BIUTIFUL」
メニュー

「コールドプレイ」新曲制作のきっかけは「BIUTIFUL」

2011年6月14日 08:37

社会活動に熱心なコールドプレイらしいインスパイア「コールドプレイ」

社会活動に熱心なコールドプレイらしいインスパイア
(C)2009 MENAGE ATROZ S. de R.L. de C.V., MOD PRODUCCIONES, S.L.
and IKIRU FILMS S.L.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英ロックバンド「コールドプレイ」が、ハビエル・バルデム主演の「BIUTIFUL ビューティフル」にインスパイアされ新曲「ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく」を制作したことが分かった。

バルセロナのヤミ社会で生きる男ウスバル(バルデム)は、情緒不安定でドラッグに溺れる妻とふたりの子どもを養うため、違法な仕事に手を染めていた。そんなある日、自分が末期ガンにおかされ、余命2カ月であることを知る……。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督、脚本、原案、製作を担当。主人公ウスバルを演じたバルデムは、第63回カンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞した。共演はブランカ・ポルティージョルーベン・オカンディアノらが名を連ねている。

コールドプレイ」らしい美しいメロディラインと、クリス・マーティンの伸びやかなボーカルが印象的に仕上がっている。ボーカル、ギター、ピアノを手がけるマーティンは、劇中で主人公ウスバルがナイトクラブを訪れるシーンからインスパイアを受けて曲を書いたという。同シーンでは「ピーター・アレン&アオリエヌ・アンダーソン」の「I Go to Rio」が流れており、新曲のクレジットにはインスパイア元として名前が掲載されている。

同楽曲は6月3日から、iTunesほか主要音楽配信サイトでデジタル配信を開始した。

コールドプレイ」は、7月29に開催される野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」で通算8度目の来日を果たす。

BIUTIFUL ビューティフル」は、6月25日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi