アダルトチルドレン公表の東ちづる「高校時代の記憶ない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月11日 > アダルトチルドレン公表の東ちづる「高校時代の記憶ない」
メニュー

アダルトチルドレン公表の東ちづる「高校時代の記憶ない」

2011年6月11日 11:27

つらい過去を告白した東ちづる「光のほうへ」

つらい過去を告白した東ちづる
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の東ちづるが6月10日、東京・シネスイッチ銀座でデンマーク映画「光のほうへ」の公開記念トークショーを行った。暗い過去を抱える兄弟が、アルコール依存症だった母親の死をきっかけに再会するヒューマンドラマ。父親のアルコール依存症と自身がアダルトチルドレンであることを公表している東は、「兄弟のあがく姿に、過去を思い出し、つらいシーンも多かった」。“いい子”を求める母親の期待に応えようとした結果「高校3年間の記憶がない」と告白した。

セレブレーション」「DEAR WENDY ディア・ウェンディ」で知られるトマス・ビンターベア監督の新作。貧困と暴力があふれるなか、ある兄弟が育児放棄の母親に代わって、歳の離れた弟を育てるが、彼らにとって唯一の“光”だった弟は突然死んでしまう。トラウマを抱えたまま、社会の底辺で大人になったふたりは、母親の死を機に再会するが……。

東は「うちはごく普通の中流家庭で、お酒好きの父親という程度の認識だった。そのうち入退院を繰り返すようになったが、当時は“アル中”という言葉が一般的で、私自身も父親が弱い人間なんじゃないかと恥ずかしく思うことも」と述懐。高校時代の記憶がほとんどないため、「テレビ番組で、当時の恩師や友人がサプライズ登場しても、『えっ、誰?』って(笑)」と知られざる苦労を明かした。

また、本作が描く家族問題は日本でも増えていると指摘し「家族に愛されず、虐待されたことで自己肯定ができず、犯罪に手を染める人もいる。事件の加害者を認めるつもりはないが、彼らも家族の中では“被害者”だと思う」。そして「家族は理解し合って当然、というのは幻想。とても不安定だし、常にわかり合おうとしている団体なのでは」と語った。

光のほうへ」はシネスイッチ銀座ほか公開中

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi