佐藤隆太、家族の大切さを実感 「いてくれるだけで心強い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月9日 > 佐藤隆太、家族の大切さを実感 「いてくれるだけで心強い」
メニュー

佐藤隆太、家族の大切さを実感 「いてくれるだけで心強い」

2011年6月9日 17:45

「ロック わんこの島」の完成報告会見に出席した佐藤隆太「ロック わんこの島」

「ロック わんこの島」の完成報告会見に出席した佐藤隆太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ロック わんこの島」の完成報告会見が“ロック”にちなんで6月9日に都内で開催され、佐藤隆太麻生久美子、子役の土師野隆之介倍賞美津子中江功監督らが出席した。

「めざましテレビ」で紹介され、大反響を呼んだ実話を元にした本作。2008年8月に大噴火が起こった伊豆諸島の三宅島で、全島民の避難のさなかに離ればなれになったゴールデンレトリバーのロックと飼い主の一家の奇跡の再会の物語を描く。

撮影後、編集のさなかに東日本大震災が発生。被災した一家が絆を深めていく姿は、今回の震災とも重なるが、佐藤は「完成した映画を観て、静かに、でも力強く前を向いて進む家族像が描き切れたと思いました」と真しに語り、麻生も「家族の絆と三宅島への愛にあふれた作品になりました」と胸を張った。

実生活でも一児の父である佐藤は「改めて家族といる時間を大切にしたいと思った。(家族が)いてくれるだけで、何より心強い」と作品を通じて家族の存在の大きさに気づかされた様子。麻生も、劇中の野山家を「理想の家族」と語り「家族っていてくれるだけで力になる存在なんです」と同意していた。

三宅島で40日にわたるロケが行われたが、佐藤は島での“恐怖体験”を告白。「夜の1時ごろ、寝ようと思ったら『コンコン』と戸をたたく音がして、恐る恐るドアを開けたら倍賞さんが『飲もうか?』って(笑)。部屋で倍賞さんとサシ飲み! 本当のお母さんのように温かく接してくださいました」と感謝していたが、倍賞は「何を話したか、酔っ払っていてよく覚えていない」と苦笑い。麻生はその時、すでに深く寝入っていたらしく「悔やまれます!」と残念そうな表情を浮かべていた。

この日は、ロックも駆けつけ、佐藤らは久々の再会に大喜び。「めざましライフエイドキャラバン with ロック&美郷」と名付けられたキャンペーンでは、ロックが長野美郷アナと共に日本全国を回り、各地で起きた震災や台風、噴火といった自然災害からの復興のエピソードを紹介していく予定だという。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi