AKB48前田敦子、最下位争い中の阪神に改革案 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月5日 > AKB48前田敦子、最下位争い中の阪神に改革案
メニュー

AKB48前田敦子、最下位争い中の阪神に改革案

2011年6月5日 22:22

新幹線の中では修学旅行のような雰囲気に

新幹線の中では修学旅行のような雰囲気に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「AKB48」の前田敦子が6月4日、主演映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の公開初日を迎え、東京と大阪での舞台挨拶を日帰りで敢行した。

同作は4日、全国320スクリーンで封切られた。前田は「AKB48」の活動が多忙を極めているのにもかかわらず、テレビ30番組以上、紙・ウェブで100媒体以上(うち表紙が20媒体以上)の取材を精力的に完遂。この日は、東京での舞台挨拶終了とともに、田中誠監督や共演した瀬戸康史峯岸みなみ川口春奈池松壮亮と劇中衣装のまま新幹線に乗り込み、一路大阪へ向かった。

TOHOシネマズ梅田で行われた舞台挨拶は、客席のボルテージが最初から最高潮に。前田は、大阪の印象について「いつも大阪の皆さんから元気をいただいているので、ありがとうございます。私も元気です!(笑)」と挨拶。すると、すかさず「僕も元気です!」と場内から声援がおくられ、「本当に大阪の方はノリがいいのでうれしいです」とニッコリほほ笑んだ。

プロ野球セントラルリーグで、横浜べイスターズと最下位争いを展開するなど、調子のあがらない阪神タイガースをマネジメントするとしたら「まずは皆さんと気持ちを分かち合うことが大切なので、選手ひとりひとりと面談することから始めたいと思います」と提案。その際には、「まずは、こんにちはと挨拶するところから始めたい」と謙虚な姿勢をうかがわせた。

配給の東宝によれば、AKB48のファンと見られる中高生から20代の男女だけでなく、ベストセラーとなった原作本の読者層とみられる30~40台の男性まで幅広い客層が、劇場に詰め掛けているという。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi