デビッド・フィンチャー、ベストセラー犯罪小説の映画化権を取得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月3日 > デビッド・フィンチャー、ベストセラー犯罪小説の映画化権を取得
メニュー

デビッド・フィンチャー、ベストセラー犯罪小説の映画化権を取得

2011年6月3日 17:33

ベストセラー犯罪小説を映画化「オーシャンズ11」

ベストセラー犯罪小説を映画化
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・フィンチャー監督が、米作家ジェイソン・スターの犯罪小説「パニック・アタック(Panic Attack)」の映画化権を取得したことがわかった。

同作は、「嘘つき男は地獄へ堕ちろ」などのノワール小説で知られるスターが、2009年に発表した長編小説。ニューヨークの精神科医が、自宅に侵入した男を射殺するが、それがメディアで取り沙汰され、やがて殺された男の共犯者が復しゅうにやってくるというストーリー。

米Vultureによれば、現時点ではフィンチャー監督がメガホンをとるかどうかは不明だが、「オーシャンズ11」の脚本家テッド・グリフィンが脚色にあたるという。フィンチャー監督は製作会社「パニック・ピクチャーズ」を設立したばかりで、「パニック・アタック」は自社製作作品になるようだ。

フィンチャー監督の最新作で、ダニエル・クレイグ、ルーニー・マラ主演の「ドラゴン・タトゥーの女」は、12年2月公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi