中川翔子、5年連続「ポケモン」参加に“ショコタン”節さく裂 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月1日 > 中川翔子、5年連続「ポケモン」参加に“ショコタン”節さく裂
メニュー

中川翔子、5年連続「ポケモン」参加に“ショコタン”節さく裂

2011年6月1日 15:15

1人2役に挑戦した中川翔子「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」

1人2役に挑戦した中川翔子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメシリーズの第14弾「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」のアフレコ収録会見が6月1日、都内のスタジオで行われ、高橋英樹谷原章介石原さとみ山寺宏一中川翔子大地真央湯山邦彦監督が出席した。

伝説のポケモン「ゼクロム」と「レシラム」を中心に、2本の異なった物語が展開される。「大地の剣」と呼ばれる城を中心に広がる街「アイントオーク」を舞台に、ポケモンマスターを目指す少年サトシとピカチュウたちがくり広げる新たな冒険を描く。サトシたちは、不思議なパワーを持った幻のポケモン・ビクティニの力を悪用しようとする「大地の民」から「アイントオーク」を守るため立ち上がる。

高橋は、「雷親父をイメージ」したというゼクロムの声を担当。「これまでは感情ある人物を演じてきた。でもゼクロムは感情を押し殺して、広く伝達しなければいけないので、表現が難しい」と初めてのアニメの声優に悪戦苦闘の様子。しかし、「この機会をもらってうれしく思っている。オファーをもらってふたつ返事で引き受けました。監督は厳しかったけど、楽しかった」と振り返った。


14作目は豪華俳優陣がゲスト声優として参加「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」

14作目は豪華俳優陣がゲスト声優として参加
[拡大画像]

大地と石原は、物語のカギを握る「大地の民」の親子役を演じた。「大地、大地ときて、人ごととは思えない。初めてでドキドキしたけど、気持ちよく入れた」(大地)、「この中で最初にアフレコを行ったんですが、今日カラーで見てみて、映像と声がマッチしてすごく感動した」(石原)とご満悦の様子だ。

5作品連続で参加した中川は、「なんとまさかの5作連続で2役! めくるめく衝撃と感動が走馬灯のよう。レベル26でも、いろんな気持ちを教えてくれた作品に出られてうれしい」と“ショコタン”節をさく裂させた。

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと白き英雄 レシラム」は、7月16日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi