松本人志、第3作「さや侍」ロカルノ映画祭に出品決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月31日 > 松本人志、第3作「さや侍」ロカルノ映画祭に出品決定
メニュー

松本人志、第3作「さや侍」ロカルノ映画祭に出品決定

2011年5月31日 04:01

現場で指示を出す松本監督「さや侍」

現場で指示を出す松本監督
(C)2011「さや侍」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダウンタウン」の松本人志の監督映画第3弾「さや侍」が、8月3日にスイスで開幕する、第64回ロカルノ国際映画祭へ出品されることが明らかになった。松本監督は「私にとって映画製作とは、頭の中で実った何かを、収穫の時期に、一滴残らず絞り取るような作業だと思っています。そんな入魂の作品を、ロカルノ映画祭を通じて、海の向こうにいる多くの方々に楽しんでもらえるとうれしいです」と喜びのコメントを寄せている。

1946年に始まったロカルノ国際映画祭は、カンヌ、ベネチア、ベルリンと並ぶ世界4大映画祭のひとつで、ベネチア国際映画祭に次いで世界で2番目に古い映画祭。スイス南部、イタリアとの国境にあるティチーノ州ロカルノで開催され、新しい映画の才能と新しい映画のトレンドを発掘することが特徴。8000人が収容できる大広場(ピアッツァ・グランデ)の野外広場での上映部門(Piazza Grande Section)が映画祭の目玉となり、「さや侍」も同部門で上映される。会期中は約300本の作品が上映されるが、野外上映される作品は1日1~2本のみだという。


ロカルノ国際映画祭、野外広場での上映の様子「さや侍」

ロカルノ国際映画祭、野外広場での上映の様子
[拡大画像]

映画祭のアーティスティック・ディレクターのオリビエ・ペール氏は「今回彼がもたらした新たなアイデアは、すべての人々に驚きと喜びを与えることを証明しました。これはここ数年間における現代の映画界における本物の革命のひとつです。私たちがロカルノにてこの注目すべきアーチストによる作品、そして彼の最高なコメディと想像の世界を祝福できるのを大変光栄に思います」と松本監督を絶賛している。

また「さや侍」の上映に伴い、「大日本人」「しんぼる」の過去2作品をトリビュート上映する特別企画「松本シネマ」の実施も決定している。「さや侍」は6月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi