実写版「AKIRA」から監督が降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月30日 > 実写版「AKIRA」から監督が降板
メニュー

実写版「AKIRA」から監督が降板

2011年5月30日 11:25

実写版「AKIRA」製作難航中「AKIRA」

実写版「AKIRA」製作難航中
写真:Leo Rigah / StarlitePics/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが進めている、大友克洋のコミック「AKIRA」の実写映画化企画から、メガホンをとる予定だったアルバート・ヒューズ監督が降板したことが明らかになった。

米Deadlineが報じたもので、理由は「クリエイティブ面での相違」とされ、友好的な降板だという。ワーナーは、ただちに次の監督候補を探すものと見られている。今回の「AKIRA」実写映画化は、原作の1~3巻を前編、4~6巻を後編として全2部作で製作するもの。舞台は2019年の人工都市ネオ東京から、終末戦争後の近未来の“ニュー・マンハッタン”に変更される。

なお、今夏にもクランクインすると報じられていた同作だが、現時点ではキャストも決定していない。先頃、主人公の金田役の筆頭候補として浮上したキアヌ・リーブスは、これを辞退。ほかに、金田役にはギャレット・ヘドランドマイケル・ファスベンダークリス・パインジャスティン・ティンバーレイクホアキン・フェニックスが、鉄雄役にはロバート・パティンソンアンドリュー・ガーフィールドジェームズ・マカボイが候補に挙がったことがわかっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi