「軽蔑」高良健吾、中上健次さん故郷再訪し感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月30日 > 「軽蔑」高良健吾、中上健次さん故郷再訪し感無量
メニュー

「軽蔑」高良健吾、中上健次さん故郷再訪し感無量

2011年5月30日 15:42

中上健次資料室を訪問した高良健吾、鈴木杏、廣木隆一監督「軽蔑」

中上健次資料室を訪問した高良健吾、鈴木杏、廣木隆一監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高良健吾鈴木杏がダブル主演した映画「軽蔑」のプレミア上映が5月29日、和歌山・新宮市民会館で行われ、高良と鈴木をはじめ、渕上泰史、廣木隆一監督が舞台挨拶に立った。

衝動的で気ままに生きる男カズと歌舞伎町のダンサー真知子が、運命に翻ろうされながらも強くひかれあう姿を描く。「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」で知られる廣木監督が、故中上健次さんの同名小説を映画化。ほかに大森南朋忍成修吾村上淳田口トモロヲらが出演している。

高良、鈴木、廣木監督の3人は、舞台挨拶前に新宮図書館の中上健次資料室を訪問。資産家の息子カズを演じた高良は、「久しぶりに戻って来られてとてもうれしいです。いつもは、ロケ地に戻っても思いが込みあげることはないけれど、今回は胸が締め付けられる思いです」とロケ地再訪に喜びをあらわにした。


ロケ地和歌山・新宮市で最初の上映を行った「軽蔑」「軽蔑」

ロケ地和歌山・新宮市で最初の上映を行った「軽蔑」
[拡大画像]

新宮が中上さんの故郷であることを受け、主演のふたりは「自分の中でいつも不思議なタイミングでこの街にやってくる気がするので、今回も撮影をしたところを歩いていると、忘れていた感情がよみがえってきました」(鈴木)、「まだ自分にもちゃんの中にも、カズと真知子が残っているんだと思いました。苦しいような切ないような感情が込み上げてきました」(高良)と話した。

舞台挨拶では新宮出身の新人俳優・渕上が、「新宮出身の中上健次さんの作品に出られて、そしてこれがデビューのきっかけにもなって、すごくうれしいです」とアピール。廣木監督が劇中の新宮弁の指導を渕上が担当したと明かすと、「あのときは生意気言っちゃってすみませんでした!」と平身低頭だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi