K・コバーンさん「パルプ・フィクション」オファーされていた? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月27日 > K・コバーンさん「パルプ・フィクション」オファーされていた?
メニュー

K・コバーンさん「パルプ・フィクション」オファーされていた?

2011年5月27日 13:29

タランティーノ監督の大ファンだった 故カート・コバーンさん「パルプ・フィクション」

タランティーノ監督の大ファンだった
故カート・コバーンさん
写真:Eddie Malluk/Retna/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クエンティン・タランティーノ監督が、1994年に27歳の若さで死去した「ニルバーナ」の故カート・コバーンさんに、「パルプ・フィクション」(94)でエリック・ストルツが演じた麻薬の売人ランス役をオファーしていたという話が浮上した。

コバーンさんの未亡人コートニー・ラブが、米GQ誌のインタビューで語ったもの。真偽のほどは定かではないが、コバーンさんがタランティーノ監督のデビュー作「レザボア・ドッグス」(91)のファンであったことは事実のようだ。

ラブによれば、「パルプ・フィクション」のオファーとともに脚本が送られてきたとき、コバーンさんは大喜びしたという。アルバム「イン・ユーテロ」(93)のライナーの謝辞に、タランティーノの名があることはファンの間では有名だが、ラブいわく、これは出演オファーに対する返礼だったそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi