全米興行「パイレーツ4」は2Dが人気 今後の3D映画に暗雲? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月26日 > 全米興行「パイレーツ4」は2Dが人気 今後の3D映画に暗雲?
メニュー

全米興行「パイレーツ4」は2Dが人気 今後の3D映画に暗雲?

2011年5月26日 14:58

全米では3Dより2Dが人気「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」

全米では3Dより2Dが人気
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカで3D映画人気にかげりが出てきたかもしれない、とハリウッド・レポーター紙が報じた。

先週封切られたシリーズ第4弾「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」は、全米ボックスオフィスで9010万ドルという上々の滑り出し。しかし、観客の多くが3D版よりも通常の2D上映を好んでいることが明らかになった。

メジャースタジオの大作映画の場合、公開第1週の興行収入のうち55~65%は3D上映館からの収益となるのが常だった。しかし、同作に関しては3D上映館からの収益が47%にとどまった。そこに3D上映の特別料金が加算されていることを考慮すると、大多数の観客が通常上映を選択したことを意味する。

ただし、同作の配給を手がけるウォルト・ディズニーは、3D版の宣伝を十分に行わなかったという背景もあるため、3D人気が落ちたかどうかはいまだ不透明な状態といえる。7月1日に全米公開される、シリーズ第3弾「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」は3D映画であることを全面に打ち出した宣伝を展開しており、こちらの興行展開が何らかの指針となるかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi