新「スパイダーマン」脚本家、リドリー・スコット監督の新作を執筆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月24日 > 新「スパイダーマン」脚本家、リドリー・スコット監督の新作を執筆
メニュー

新「スパイダーマン」脚本家、リドリー・スコット監督の新作を執筆

2011年5月24日 10:56

[映画.com ニュース] リブートとなる新「スパイダーマン」の脚本を執筆したジェームズ・バンダービルトが、リドリー・スコット監督の新作「レッド・ライディング(原題)」の脚本を執筆することになったとハリウッド・レポーター紙が報じた。

同作は、イギリスの人気テレビ映画のリメイクで、1974~83年に起きた若い女性の惨殺事件と警察の腐敗を描いたもの。デビッド・ピアースのベストセラー小説が原作で、テレビ映画版は「レッド・ライディングI:1974」「レッド・ライディングII:1980」「レッド・ライディングIII:1983」の3部作となっている。

バンダービルトは、シリーズ通算4作目となる「ジ・アメージング・スパイダーマン」の脚本を手がけて以来、ソニーのお抱え脚本家となっており、リメイク版「トータル・リコール」のリライトも手がけている。「レッド・ライディング(原題)」もソニー作品で、実在の連続殺人鬼を描いた「ゾディアック」(デビッド・フィンチャー監督)を執筆した経験もあることから、まさに適任といえそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi