実写版「忍たま乱太郎」加藤清史郎ら37人の“忍たま”がズラリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月24日 > 実写版「忍たま乱太郎」加藤清史郎ら37人の“忍たま”がズラリ
メニュー

実写版「忍たま乱太郎」加藤清史郎ら37人の“忍たま”がズラリ

2011年5月24日 13:03

乱太郎たち忍たまがガッツと友情で試練を乗り越える!「忍たま乱太郎」

乱太郎たち忍たまがガッツと友情で試練を乗り越える!
(C)2011 実写版「忍たま乱太郎」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 尼子騒兵衛原作の漫画「落第忍者乱太郎」を実写映画化した「実写版 忍たま乱太郎」の予告編が、このほど公開された。

戦国時代の忍者養成学校・忍術学園を舞台に、個性豊かな忍者のたまご“忍たま”が勇気と友情を武器に冒険を繰り広げる。三池崇史監督がメガホンをとり、加藤清史郎が主役の猪名寺乱太郎役を演じる。原作は86年から「朝日小学生新聞」で連載が開始され、93年からNHK総合テレビでアニメ版「忍たま乱太郎」が放送されている。

予告編は、忍術学園に入学した乱太郎たち忍たまが、山田先生(寺島進)とともに手裏剣に挑戦するシーンから始まる。乱太郎はアルバイトをしながら生活費を稼ぐ摂津のきり丸(林遼威)、昼寝してばかりの福富しんべヱ(木村風太)とエリート忍者を目指して勉強に励む。しかし失敗ばかりでトラブルを巻き起こす仲よし3人組は、先生たちを悩ませてばかりだ。

ある日、忍術学園の仲間が暗殺者に狙われていることを知った乱太郎は、大人の敵忍者と対決することを決意する。「1年は組、頑張ります!」という乱太郎の掛け声とともに、37人の忍たまが知恵と勇気を振り絞り、「切り立った崖の上にそびえる打鳴寺の鐘を先に鳴らす」という難題に挑む。

あわせて公開されたポスターでは、舞台となる忍術学園の前に、忍術学園のメンバー、柄本明ら敵の忍者がずらり勢ぞろい。アニメのキャラクターそっくりに特殊メイクを施した平幹二朗松方弘樹鹿賀丈史らの姿にも注目したい。

「実写版 忍たま乱太郎」は、7月23日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi