「恐怖新聞」主演のAAA真司郎、叫び過ぎて「のどがカラカラ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月22日 > 「恐怖新聞」主演のAAA真司郎、叫び過ぎて「のどがカラカラ」
メニュー

「恐怖新聞」主演のAAA真司郎、叫び過ぎて「のどがカラカラ」

2011年5月22日 12:06

真司郎と近野成美「恐怖新聞」

真司郎と近野成美
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ユニット「AAA(トリプルエー)」の與真司郎が5月21日、俳優“真司郎”名義で主演する「恐怖新聞」の初日舞台挨拶を東京・池袋シネマロサで行った。原作は1973年から「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載された、つのだじろうの同名コミック。真司郎は、1回の購読で1年分の寿命を奪われる代わりに、不吉な未来を知ることができる“恐怖新聞”に翻弄(ほんろう)される大学生・鬼形を演じる。

真司郎は「叫ぶシーンが多過ぎて、のどがカラカラ。でも撮影そのものはワイワイとした楽しい雰囲気だった」と述懐。アーティスト活動との違いを「ふだんは自分がどうするかが大きいが、俳優は自分ではない人物を演じるので、監督やキャストの皆さんと一緒に作っていくもの」と説明し、「もし恐怖新聞が届いたら? とりあえず読まずに逃げます」と笑いを誘った。

共演の近野成美は「短い期間の撮影だったので、チームワークがうまくいくか不安もあったが、真司郎さんが言う通り、楽しい現場だった」。主人公たちが通う喫茶店のマスターを演じた宮川一朗太は、「『タッチ』に出てくる(浅倉)南ちゃんのパパをイメージした。ちょっと違ったかな(笑)」と役作りを語った。また、メガホンをとった大森研一監督は、含みを残したエンディングに「もっと大きなスケールでパート2を撮りたい」と早くも続編に意欲を見せていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi