アマンダ・セイフライド「クロエ」でセクシーな肢体を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月20日 > アマンダ・セイフライド「クロエ」でセクシーな肢体を披露
メニュー

アマンダ・セイフライド「クロエ」でセクシーな肢体を披露

2011年5月20日 18:34

妖艶な魔性の女を演じるセイフライド「クロエ」

妖艶な魔性の女を演じるセイフライド
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジュリアン・ムーア主演のサスペンス「クロエ」が5月28日から公開される。魔性の女「クロエ」を熱演するのは、「マンマ・ミーア!」で注目された若手女優アマンダ・セイフライド。初のヌードシーンにも挑戦したセイフライドが作品について語った。

大学教授の夫と息子の3人で幸せな人生を歩んできたキャサリン(ムーア)がある日、夫の携帯電話に教え子との浮気を思わせるメールを見つける。疑心暗鬼にかられたキャサリンは、偶然知り合った若く美しい娼婦クロエに夫を誘惑させ、どんな行動を取るかを報告させようとする……。

クロエのキャラクターについて、「ビジネスに関してとても賢い子なの。彼女は経験豊富だけどまだ若いし、心が傷ついている。ずっと自活してきたけれど、1度も愛した経験はないし、誰かと前向きな人間関係をもったこともない。彼女には驚くほどの弱さがある。そこが美しいわ。でも演じるのはとても難しかった」と分析。洗練されたクロエのイメージに合うよう、衣装をはじめ、メイクや髪形もこだわった。

大ベテランのジュリアン・ムーアとの共演は「とても緊張していた」という。「一緒に撮影した性的なシーンはとても難しかったわ。セックスシーンはふたりとも初めてだったし、ふたりでクスクス笑っていたわ。幸運にも、想像以上にうまくいったけれどね」と、女性同士の官能的なシーンについても明かす。

クロエの悪女ぶりがフォーカスされることについては「クロエには邪悪なところはないわ。ただ妄想癖のある、傷ついた女性なの。私は映画の最後にクロエは、どちらかと言えば、聖人になると思うわ」と、自身の役柄に思い入れ深く語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi