華丸大吉、後輩芸人あべこうじの生真面目さをバラす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月19日 > 華丸大吉、後輩芸人あべこうじの生真面目さをバラす
メニュー

華丸大吉、後輩芸人あべこうじの生真面目さをバラす

2011年5月19日 18:04

吉本芸人がシェイクスピアに挑戦「ハムレット」

吉本芸人がシェイクスピアに挑戦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が5月19日、出演舞台「喜劇『ハムレット』&悲劇?『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』」の公開リハーサルに参加。共演する後輩芸人のあべこうじが「台本はもらっても、すぐ捨てちゃう」とうそぶくと、「本番直前まで台本を読んでいる。くそ真面目な性格」(大吉)と暴露した。

シェイクスピアの戯曲「ハムレット」とその裏話である「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(トム・ストッパード原作)を2部構成で上演。実父を殺された恨みから狂気を装い復しゅうを果たすハムレット役に、ジャニーズ事務所所属の長谷川純。その恋人オフィーリアを今秋、アイドルグループ「モーニング娘。」を卒業する高橋愛が演じる。また、華丸大吉をはじめ、「NON STYLE」「チーモンチョーチュウ」「ハイキングウォーキング」「ハリセンボン」ら吉本興業の芸人コンビが、第二幕に登場するドジな2人組「ロズ&ギル」役で日替わり出演する。

華丸は「若手の今後を考えて、我々はしゃしゃり出たりしない」。大吉も「平均点ちょい下を狙い、人柱としての役割を果たしたい」と消極的な態度だ。一方、あべは長谷川を相手に、ボケを連発。困り果てた長谷川に対し、大吉が「聞こえないふりをすればいい」とアドバイスする場面もあった。

主演の長谷川は「どんな舞台になるか楽しみ。いかにハムレットとして生きることができるか、全力で演じたい」と早くも気合十分。高橋も「涙あり笑いあり。バラエティに富んだ内容で、私自身お客さんとして見たいほど。第一幕はハッピーエンドではないが、考えさせる深い内容。第二幕で暗い気持ちを晴らしてほしい」とアピールした。

喜劇「ハムレット」&悲劇?「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」は、5月29日まで東京・渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで上演中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi