シュワルツェネッガー息子「最低な気分」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月18日 > シュワルツェネッガー息子「最低な気分」
メニュー

シュワルツェネッガー息子「最低な気分」

2011年5月18日 14:02

アーノルド・シュワルツェネッガー(左)と 息子のパトリック

アーノルド・シュワルツェネッガー(左)と
息子のパトリック
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アーノルド・シュワルツェネッガーに隠し子がいることが発覚した5月17日、17歳の息子パトリックがTwitterに本音を打ち明けた。

25年間連れ添ったシュワルツェネッガーとマリア・シュライバーは、9日に離婚を発表。その後、シュワルツェネッガーと家政婦の間に、10年以上前に子どもが生まれていたことが分かった。米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、その家政婦は20年間、シュワルツェネッガー家で働いてきた女性で、今年1月に辞めている。

パトリックは、Twitterに「最低な気分になる日もあれば、すべてを投げ捨て、少しの間だけでもただ普通に生きたいと思う日もある。それでも僕は家族を、死が僕らを分かつまで愛している」とハッシュタグ#familyを添えて、辛い胸のうちを書き込んだ。

シュライバーは、今年初めにシュワルツェネッガーから隠し子について告白され、別居に踏み切ったという。シュワルツェネッガーとシュライバーの間には、パトリックのほか、21歳のキャサリン、19歳のクリスティーナ、13歳のクリストファーの4人の子どもがいる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi