ティム・バートン監督、ディズニー実写版「マレフィセント」から離脱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月18日 > ティム・バートン監督、ディズニー実写版「マレフィセント」から離脱
メニュー

ティム・バートン監督、ディズニー実写版「マレフィセント」から離脱

2011年5月18日 11:18

実写版「マレフィセント」から離脱したバートン監督「アリス・イン・ワンダーランド」

実写版「マレフィセント」から離脱したバートン監督
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督が、米ウォルト・ディズニーの長編アニメーション映画「眠れる森の美女」(1959)に登場する、魔女マレフィセントを主人公にした実写映画化プロジェクトから離脱したことが明らかになった。

「眠れる森の美女」のスピンオフとなる同作は、オーロラ姫とフィリップ王子の物語を、姫に呪いをかけた張本人である魔女のマレフィセントの視点から描くもの。マレフィセントは、ディズニーアニメの世界で最もダークなキャラクターとも言われている。「アリス・イン・ワンダーランド」のリンダ・ウールバートンが脚本を手がけた。

マレフィセント役にはアンジェリーナ・ジョリーが意欲を示していることが報じられており、バートン監督も正式決定ではないものの、企画当初から名前が挙がっていた。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ディズニーはすでに新しい監督探しに着手し、候補に挙がっているなかには、「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツがいるという。

なお、バートン監督とディズニーの関係が切れたわけではなく、自身の84年の同名短編を長編ストップモーションアニメとしてリメイクする「フランケンウィニー」が、同スタジオの配給で12年10月5日に公開される予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi