山下敦弘&若手バンドマン、サブカルチャーの魅力にどっぷり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月17日 > 山下敦弘&若手バンドマン、サブカルチャーの魅力にどっぷり
メニュー

山下敦弘&若手バンドマン、サブカルチャーの魅力にどっぷり

2011年5月17日 05:16

(左から)山下監督、「[Champagne]」の 川上洋平、「SISTER JET」のWATARU.S「マイ・バック・ページ」

(左から)山下監督、「[Champagne]」の
川上洋平、「SISTER JET」のWATARU.S
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 妻夫木聡松山ケンイチのダブル主演で映画化された「マイ・バック・ページ」の公開祈念トークショーが5月16日、東京・渋谷WWWで行われた。音楽雑誌「MUSICA」の元編集長・鹿野淳が司会に立ち、山下敦弘監督、「SISTER JET」のWATARU.S、「[Champagne]」の川上洋平が出席した。

原作は、文芸・映画など幅広い分野で活躍する評論家・川本三郎氏の著書「マイ・バック・ページ 60年代の物語」。71年の自衛官殺害事件を軸に、時代を変えようと葛藤(かっとう)するジャーナリスト(妻夫木)と学生活動家(松山)の姿を描く。

山下監督は、「2007年に原作を読んで、撮影が終わって1年くらい。まだ体に残っている。詰め込んで詰め込んで重かったし、自分も無理をしてというか使っていない脳みそを使った」と述懐した。劇中で使用されているCCRの「雨を見たかい?」がお気に入りだそうで、「革命家の青年とジャーナリストが『宮沢賢治論』とCCRの曲を知っていたことで、互いにシンパシーを抱くようになった」とふたりが共感を抱いたきっかけを語った。

同作について聞かれたWATARU.Sと川上は、「未来は無限。大切に生きていきたい」(WATARU.S)、「空虚なものを追い求めているふたりに、実は共感できるものがなかった。早い段階で自分が追い求めているものを分かっておきたいと、教訓としてとらえました」(川上)と同作の魅力を熱弁した。

マイ・バック・ページ」は、5月28日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi