堤、綾瀬、岡田ら大阪“凱旋” 大阪城は真っ赤に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月17日 > 堤、綾瀬、岡田ら大阪“凱旋” 大阪城は真っ赤に!
メニュー

堤、綾瀬、岡田ら大阪“凱旋” 大阪城は真っ赤に!

2011年5月17日 05:01

大阪城が真っ赤に!「プリンセス トヨトミ」

大阪城が真っ赤に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 万城目学の人気小説を鈴木雅之監督が映画化した「プリンセス トヨトミ」のプレミアイベントが5月16日、大阪・大阪城西の丸庭園に設営された特設ステージで行われ、主演の堤真一綾瀬はるか岡田将生中井貴一、鈴木監督が出席した。

撮影は昨夏、猛暑の大阪を中心に行われたということもあり、堤らは久々の凱旋に感慨深げだ。同所では初となる野外試写会ということもあり、約800人のファンが結集。兵庫出身の堤は、「どーも! おおきに!」と関西弁で“舌好調”をアピールした。

堤は、大阪府庁前での撮影時には約5000人のエキストラが駆けつけたことに触れ「皆さんの前に出る力に助けられました(笑)」とにっこり。さらに「震災などがありましたが、まずは大阪が一致団結し、日本が、ひいては世界が一致団結して損得を考えるのではなく、愛をもって新しい方向へ向かっていこうとするテーマが描かれています」とアピールした。


会見に臨んだ堤真一らキャスト陣「プリンセス トヨトミ」

会見に臨んだ堤真一らキャスト陣
[拡大画像]

この日は、橋下徹大阪府知事と平松邦夫大阪市長がゲスト出演した。橋下知事が、劇中の物語に絡めて「大阪、独立しましょう、皆さん!」と呼びかけると、中井が「当然ですね。都市計画ではなく、国として考えましょう」と援護射撃。さらに、「大阪のためにつくった映画です。何よりも大阪の人に見てもらわないと」と訴えた。そして絵作りでは、映画の中で重要な役回りを果たす“赤い大阪城”を再現し、ファンを喜ばせていた。

同作は、「豊臣家の末えいが生きていた」「大阪は独立した国家だった」という奇想天外な設定のもと、東京からやってきたひと筋縄ではいかない会計検査官3人と、400年間にわたり“あるもの”を守り続けてきた大阪中の男たちの攻防を描く。

プリンセス トヨトミ」は、5月28日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi