東国原英夫氏「今は無職」、今後も政治活動に意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月16日 > 東国原英夫氏「今は無職」、今後も政治活動に意欲
メニュー

東国原英夫氏「今は無職」、今後も政治活動に意欲

2011年5月16日 20:20

現在は無職と明かす東国原氏「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」

現在は無職と明かす東国原氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 前宮崎県知事の政治家・東国原英夫氏が5月16日、ドキュメンタリー映画「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」の試写会に出席。劇中に登場する「相手は強敵である。だからこそ戦う価値がある」というセリフを引き合いに、「ジーンときましたね。本当に今回の相手は強敵だった」と石原慎太郎氏と争った4月の東京都知事選を述懐。現在は「無職」だといい、「こうしたイベントや講演会。それに勉強会の立ち上げを準備している」と近況を報告した。

金融業界を代表するインサイダー、政治家や大学教授へのインタビューや徹底的なリサーチを手がかりに、2008年のリーマン・ブラザーズ経営破たん(リーマン・ショック)に端を発した世界的経済不況にメスを入れる。第83回米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。マット・デイモンがナレーションを担当している。東国原氏は「難しいテーマをわかりやすく描いている。インタビュー主体で、上映時間の割には飽きずに見ることができた。やっぱり行政を変えるのは難しいこと」と実体験を踏まえ、作品をアピールした。

東日本大震災が起こった直後の都知事選は「通常の選挙ではなかった。選挙どころじゃないという空気だったし、民意が反映された結果とは思えない。延期されてしかるべきだった」。当初、不出馬を表明していた石原氏の突然の出馬には「コケましたね。候補者全員そうだったはず」とぼやき節だ。それでも「日本を変えなきゃいけないという気持ちは変わらない。総理? それは無理ですが、『何になるか』ではなく『何をやるか』考えながら、この国難を一緒に乗り越えていきたい」と今後の政治活動に意欲を燃やした。

この日は会場となった東京・スペースFS汐留に集まった大学生150人を交え、同作のテーマである政治や経済について公開ディスカッションを行った。

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」は5月21日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi