N・ポートマン、初プロデュース作「メタルヘッド」でメガネ女子に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月16日 > N・ポートマン、初プロデュース作「メタルヘッド」でメガネ女子に
メニュー

N・ポートマン、初プロデュース作「メタルヘッド」でメガネ女子に

2011年5月16日 17:33

バレリーナのプリマから一転、さえないスーパーの店員に「メタルヘッド」

バレリーナのプリマから一転、さえないスーパーの店員に
(c) 2010 Hesher Productions, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映像作家スペンサー・サッサーがメガホンをとった「メタルヘッド」で、女優のナタリー・ポートマンが初めてプロデュースを担当していることが分かった。ポートマンは、スーパーに勤務するメガネ姿のさえない女性役としても出演している。

サッサーが手がけた初長編作は、人生の目的を見失った人々が、ナゾのヘビーメタル男ヘッシャーとの出会いによって、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも再び活力を取り戻す姿を描く。共演は、ジョセフ・ゴードン=レビット(「インセプション」)ら。

ポートマンは、「『メタルヘッド』は感傷的な(センチメンタル)な作品ではなく、感情に訴えるエモーショナルな作品。決してお涙ちょうだいの感傷的な作品ではない」と強調。そして、「大切な人を亡くす悲しみは計り知れないし、そこには邪悪なユーモアが存在すると思う。だから、この作品ではその悲しみをとても個人的でユニークで、面白い表現の仕方で描いている」と見どころを語った。

メタルヘッド」は、6月25日から全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi