W・ヒューストン、ドラッグ&アルコール中毒で再びリハビリ治療 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月10日 > W・ヒューストン、ドラッグ&アルコール中毒で再びリハビリ治療
メニュー

W・ヒューストン、ドラッグ&アルコール中毒で再びリハビリ治療

2011年5月10日 15:30

リハビリ施設に通院中

リハビリ施設に通院中
写真:Tina Paul/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手ホイットニー・ヒューストンが、ドラッグ&アルコール依存症の治療のため、外来患者としてリハビリ施設に通院していることが明らかになった。

米ピープル誌によれば、ヒューストンの広報が声明を発表。ホイットニーは長年、更生に努めてきたが、さらに治療を進めるため自ら通院を決意したという。

現在47歳のヒューストンは、2002年にテレビ番組のインタビューでドラッグ乱用を告白し、04年にリハビリ施設に入所。05年にも、母シシー・ヒューストンのサポートを受け、治療を受けていた。06年、米ナショナル・エンクワイアラー紙に大量のドラッグが散乱したヒューストン自宅のバスルーム写真が掲載され騒動となったが、09年にはカムバックアルバムをリリースし、ドラッグ中毒克服を宣言していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi