山寺宏一、実写版ルパン役に「この顔をさらしていいのか」悩む : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月8日 > 山寺宏一、実写版ルパン役に「この顔をさらしていいのか」悩む
メニュー

山寺宏一、実写版ルパン役に「この顔をさらしていいのか」悩む

2011年5月8日 06:40

舞台挨拶は山寺の独壇場「ルパンの奇巌城」

舞台挨拶は山寺の独壇場
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ルパンの奇巌城」が5月7日に公開を迎え、山寺宏一岩田さゆり西川風花、秋原正俊監督が都内で舞台挨拶に登壇した。

モーリス・ルブランの傑作「アルセーヌ・ルパン」シリーズの一編を映画化した本作。舞台を日本に置き換え、ある名家の秘書の殺害事件に対し、ルパンと女子大生探偵が奇想天外なナゾ解き対決を繰り広げる。

山寺は、親子ほど年の離れた岩田と西川に挟まれ「入学式に来た親のような気分です!」とハイテンション。声優として活躍しているが、実写映画の主演、しかも子どものころからあこがれていたルパン役ということで、思い悩む部分もあったという。「この顔をさらしてルパンをやっていいものかと思いつつ、やらせてもらいました。すみません! シルエットだけのシーンが多いので顔が出るところは、阿部寛さんの顔でもCGで当ててもらおうと思ったんですが(笑)」と語った。

岩田は、ルパンを追う女子大生探偵・伊地知役。山寺が「実質的な主演はさゆりちゃん」と言うほど、ほとんど出ずっぱり。セリフの量も膨大だが、オールアフレコ作品のため「撮影の後でアフレコしながら、『頑張ってセリフ覚えたのに』と思っていました」と恨み節だ。百戦錬磨の山寺にとっても「めったにない経験」だったそうで、「自分の口に合わせる方が難しい。監督には『山寺さんの七色の声を生かして』と言われましたが、そんな声を使うところはなかった」と明かし、笑いを誘っていた。

秋原監督は「この個性的なメンバーをまとめていくのは大変でした」と撮影時の苦労を明かしつつも、満員の客席に喜びと安どの表情を浮かべていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi