新婚の南野陽子“お母さん気分”で映画出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月8日 > 新婚の南野陽子“お母さん気分”で映画出演
メニュー

新婚の南野陽子“お母さん気分”で映画出演

2011年5月8日 06:40

初メガホンの前田監督は感慨に浸った「それでも花は咲いていく」

初メガホンの前田監督は感慨に浸った
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優としても活躍するお笑い芸人・前田健の初メガホン作「それでも花は咲いていく」の初日舞台挨拶が5月7日、東京・キネカ大森で行われ、前田をはじめ、仁科貴滝藤賢一南野陽子が出席した。南野は、以前から前田のマルチな才能にほれ込んでいたといい「健ちゃんのお母さんという気分で、撮影に参加させてもらった」。前田も「南野さんのアネゴ肌なところを尊敬し、感謝しています」と最敬礼だった。

原作は、9人のセクシャルマイノリティの姿を描いた前田著の同名短編集。映画では、恋した小学生の教え子への罪を背負ったアラフォーの元塾講師(仁科)、容姿にコンプレックスを抱き、他人の部屋に侵入することに生きがいを感じる青年(滝藤)、最愛の母親を失いぼう然と日々を生きる男(平山浩行)の3人にスポットを当て、心の暗部を繊細に描く。

南野は「物まねをしている人だけあって、私たちがスルーしてしまうようなことも、しっかりキャッチし、(小説や映画という)形にするからすごい。表舞台を知っているからこそ、監督になっても演者にのびのび好きにさせてくれた」と前田“監督”に太鼓判。それだけに、原作の繊細さに触れ「心の細やか過ぎて、しんどくないのかなと心配になった」というが、「見終わってジーンときた。健ちゃんみたいなタイプの人が一歩を踏み出すきっかけを作ったんだと思う」と語った。

一方の前田監督は、「男たちの悲惨さが引き立つように、幸せそうな方を選んだ」と新婚の南野をキャスティングした理由を説明した。「僕自身は子どもを残すことはできないので、その代わりに作品を残していきたい。ひとりっこではかわいそうなので、できればあと2、3本は」と監督業の続行を示唆。南野らには、「お歳暮の内容次第でキャスティングするか決めたい」と交換条件を突きつけ、笑いを誘った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi