中村蒼、“主演ネコ”への大歓声にジェラシー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月7日 > 中村蒼、“主演ネコ”への大歓声にジェラシー
メニュー

中村蒼、“主演ネコ”への大歓声にジェラシー

2011年5月7日 14:40

ネコを抱く中村蒼と坂本真綾「キミとボク」

ネコを抱く中村蒼と坂本真綾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2001年にWEB上で発表されたFLASHアニメを実写化した「キミとボク」の先行上映会が5月7日、都内の劇場で行われ、主演の中村蒼坂本真綾窪田崇監督が舞台挨拶に立った。“主演ネコ”の「ナッツ」とその子どもがサプライズ登場し、客席からは大歓声。中村は「相変わらずのかわいさ。でも僕らが出てきたときより盛り上がってしまうのは、悲しい」と嫉妬(しっと)心をあらわにしていた。

原作は、マルチクリエイターのやまがらしげとが自身の体験をもとに製作したFLASHアニメーション。漫画家志望の青年(中村)がある年の七夕にアメリカンショートヘアの銀王号と出合い、心を通わせる。人気声優で歌手の坂本が銀王号の声を担当している。

中村は「10年間の成長や変化を、短い時間の中で表現できるのか不安やプレッシャーもあった」。動物相手の撮影は「最初から大変なのは覚悟していたが、(ネコの)すべての行動に癒された。僕自身、動物は大好きなので最高の体験だった」と笑顔で振り返った。

一方、初の“ネコ役”に挑んだ坂本は「あまりネコっぽさは意識せず、中村さんとネコちゃんの素晴らしい演技に引っ張っていただいた。ふたりの積み重ねた時間を邪魔しないよう、透明な声を目指した」と役作りを述懐。ナッツの子どもを抱きながら「このまま、連れて帰りたい」と目尻を下げるばかりだった。

キミとボク」は5月14日から全国でロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi