「ゴッドファーザー」前日談が新たに小説化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月6日 > 「ゴッドファーザー」前日談が新たに小説化
メニュー

「ゴッドファーザー」前日談が新たに小説化

2011年5月6日 19:07

名作の前日談が小説に「ゴッドファーザー」

名作の前日談が小説に
写真:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランシス・フォード・コッポラ監督の傑作「ゴッドファーザー」(1972)の前日談が、原作者マリオ・プーゾの未発表の脚本をもとに、新たに小説化されることがわかった。

米Moviefoneによれば、12年6月に米出版社グランド・セントラル・パブリッシングから刊行される新作小説のタイトルは、「ザ・ファミリー・コルレオーネ(The Family Corleone)」。プーゾは99年に死去したが、未発表の脚本があり、それをもとに米作家エドワード・ファルコが執筆したもので、遺族も内容には太鼓判を押している。ちなみにファルコは、女優イーディ・ファルコの叔父にあたる。

内容は、大恐慌下のアメリカを舞台に、映画でマーロン・ブランドが演じたビトー・コルレオーネが、マフィアのドンとして権力を手に入れるまでを描く。なお、その一部は、ロバート・デ・ニーロが若き日のビトーに扮した「ゴッドファーザー PART II」(74)でも描かれている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi