オサマ・ビン・ラディンの映画企画がハリウッドで加熱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月3日 > オサマ・ビン・ラディンの映画企画がハリウッドで加熱
メニュー

オサマ・ビン・ラディンの映画企画がハリウッドで加熱

2011年5月3日 14:38

ビン・ラディン映画企画が米で加熱中「ハート・ロッカー」

ビン・ラディン映画企画が米で加熱中
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビン・ラディン容疑者の殺害が発表されたことで、ハリウッドで準備中のビン・ラディン映画に注目が集まっている。

Deadlineによれば現在、ふたつの映画企画が進行中だという。ひとつは、「ハート・ロッカー」でアカデミー賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督の新作「キル・ビン・ラディン(原題)」で、失敗に終わった過去のビン・ラディン暗殺作戦を題材にしている。

インディペンデント映画として製作される予定で、ビン・ラディン殺害が完遂した今、以前より資金集めが容易になった。ビグロー監督は、オーストラリア俳優のジョエル・エドガートン(「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」)に主役をオファーしているという。

もうひとつは、パラマウントが進めているノンフィクション本「Jawbreaker」の映画化だ。ビン・ラディン追跡チームのメンバーだった元CIA工作員が執筆したもので、世界同時多発テロの3カ月後、アフガニスタンで拘束まであと一歩のところまで迫った作戦の詳細が描かれている。

同企画に関しては、かつてオリバー・ストーン監督が「ワールド・トレード・センター」の次作として準備していたが、とん挫状態にあった。殺害が発表されたことで、たちまちパラマウントは同企画を再始動。現在準備中のジャック・ライアン・シリーズ最新作に、ビン・ラディン追跡の要素を取り入れる案などが話し合われているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi