M・タイソンの顔面タトゥアーティスト、米ワーナーを提訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月2日 > M・タイソンの顔面タトゥアーティスト、米ワーナーを提訴
メニュー

M・タイソンの顔面タトゥアーティスト、米ワーナーを提訴

2011年5月2日 14:44

マイク・タイソン(右端)が米ワーナーを提訴「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

マイク・タイソン(右端)が米ワーナーを提訴
写真: Jerry Watson / HFPA/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイク・タイソンの有名な顔面タトゥを手がけたS・ビクター・ホイットミル氏が、大ヒットコメディ映画の続編「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」を製作した米ワーナー・ブラザースに対し、無断でデザインを盗用したとして米ミズーリ州の裁判所に訴状を提出した。

同作は、ブラッドリー・クーパーザック・ガリフィアナキスエド・ヘルムズジャスティン・バーサの4人が、前作に続き出演。結婚を控えたスチュ(ヘルムズ)と男友だちが、タイ・バンコクでバチェラーパーティを繰り広げる。翌朝目覚めると、部屋には猿がいて、アラン(ガリフィアナキス)は丸刈り、スチュの顔にはタトゥが入っており、再び想像もしなかった事態が起こってしまうというストーリーだ。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、著名タトゥアーティストのホイットミル氏は、ヘルムズ演じるスチュの顔面タトゥがタイソンのものに酷似していると指摘している。デザインを考案したのは自分であり、著作権は自分にあること、タイソンもそれを認めていることを主張。ホイットミル氏は、著作権侵害を訴える訴状を提出し映画の公開差し止めを求めている。

タイソンは、前作にカメオ出演。続編でスチュの顔面タトゥはストーリー上、タイソンと関与しているという。ワーナー・ブラザースはコメントを発表していないが、公開を目前にして難局に立たされた格好だ。「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」は、5月26日全米公開、7月1日から日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi