大泉洋&松田龍平、ススキノで大暴れ 小雪は“ナゾの女”に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月2日 > 大泉洋&松田龍平、ススキノで大暴れ 小雪は“ナゾの女”に
メニュー

大泉洋&松田龍平、ススキノで大暴れ 小雪は“ナゾの女”に

2011年5月2日 13:20

バー「ケラー・オオハタ」で寛ぐ 探偵役の大泉洋と高田役の松田龍平「探偵はBARにいる」

バー「ケラー・オオハタ」で寛ぐ
探偵役の大泉洋と高田役の松田龍平
(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大泉洋が主演する映画「探偵はBARにいる」の特報が、このほど公開された。東直己の人気探偵小説シリーズを映画化する同作の舞台は、札幌ススキノ。現在も同所を拠点に活動する大泉が、ホームタウンで“バディ”を組む松田龍平とともに大暴れする、痛快な映像に構成されている。

探偵はBARにいる」は、シリーズ10作を誇る“ススキノ探偵シリーズ”の1作目のタイトル。映画では、2作目となる「バーにかかってきた電話」の内容が描かれる。根城にしているバー「ケラー・オオハタ」で寛ぐ探偵のもとに、“コンドウキョウコ”と名乗るナゾの女から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼を受ける。簡単な仕事のはずだったが、直後に命を狙われるはめに……。

特報では、バーのカウンターで時代錯誤はなはだしい黒電話を使い「パジャマ? 何色よ? いやらしいね」とわい談を楽しむ探偵の姿が。原作ファンにはたまらない「何かあったらここに電話してくれ」と言い、名刺を差し出すシーンも盛り込まれている。

ナゾの女に扮する小雪の姿や、大物実業家役の西田敏行も映像に彩りを添えている。また、窮地に陥った探偵を相棒・高田(松田)がスノーモービルで救出するシーンでは、「殺す気か、このヤロウ!」と探偵が逆ギレ。ハードボイルドタッチの作風にコメディ色を加味した映像は、原作ファンの期待も裏切らない内容だ。

巨大な穴に手をしばられた探偵が落とされ、全身を雪で埋められるシーンでクランクインした同作。その後も夜のススキノで大乱闘を繰り広げたほか、脚本段階から製作に加わった大泉は、全身全霊をかけて走り、叫び、暴れまわった。配給の東映はシリーズ化を視野に入れており、今後の展開から目が離せない。

探偵はBARにいる」は、9月10日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi