杉浦太陽、“母”田中好子さんをしのび涙「また母さんと呼びたかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月1日 > 杉浦太陽、“母”田中好子さんをしのび涙「また母さんと呼びたかった」
メニュー

杉浦太陽、“母”田中好子さんをしのび涙「また母さんと呼びたかった」

2011年5月1日 13:45

大粒の涙をこぼす杉浦太陽「0(ゼロ)からの風」

大粒の涙をこぼす杉浦太陽
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月21日に死去した、元「キャンディーズ」のスーちゃんこと女優・田中好子さん(享年55歳)の最後の主演作となった「0(ゼロ)からの風」(2007)が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで追悼上映されている。同作で田中さんの“息子”を演じた杉浦太陽が5月1日、同劇場で舞台挨拶に立ち、「撮影中はずっと母さん、母さんと呼んでいた。共演できたことは誇り。また、母さんと呼ばせてほしかった」と大粒の涙を流し、早すぎる田中さんの死を悼んだ。

ひとり息子の大学生(杉浦)を飲酒運転事故で失った母親(田中さん)が、怒りと喪失感のなか、犯人の刑の軽さに疑問を感じ、約37万人分の署名を集め一般市民による初の法改正となる「危険運転致死傷罪」の新設を成し遂げた“戦いの日々”を描く。実話をもとに、「ふたたび swing me again」の塩屋俊監督がメガホンをとった。

杉浦は、「率先して現場を明るくしてくれた。印象に残っているのは、一緒に写真を撮るシーン。親子の愛ってこんな感じだなと思った」。杉浦の実母と同い年だといい、撮影後もメールのやりとりが続いたという。タレントの辻希美と結婚した際も「自分のことのように喜んでくださり、祝福していただいた」と述懐した。

それだけに、今回の訃報は「信じられない。(葬儀で)お別れしたときも、まるで映画のワンシーンのようで、心と体が一致せず実感が沸かなかった」と戸惑いさえ覚えている様子。田中さんは同作の撮影時、すでに闘病中だったが「まったく知らなかった。今も優しい母さんのイメージが焼きついている。とにかく全力で愛してくださった。これからは天国で見守ってほしい」と言葉をふりしぼった。

塩屋監督も「田中さんと太陽くんは、本当の親子のようで僕も入り込む隙がなかったほど」と振り返る。犯人を憎み、亡き息子のために戦う母親を演じた田中さんを「言葉にできない迫真の演技。改めて、日本映画界の宝とお仕事させてもらったと実感している。喪失感は言葉で表すことができない」としのんだ。田中さんを主演にした新作の構想もあったが「彼女ありきの企画だったので、封印したい。それが彼女に対する僕の気持ち。どんな役柄だったか? それは言えません。ぜひ向こう(天国)で作りたい」と誓った。

0(ゼロ)からの風」は5月13日までTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映。その後、全国で順次公開される予定で、収益の一部は田中さんもかかわっていた「夏目雅子 ひまわり基金」をはじめ、複数の慈善団体に寄付されるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi