酷評されたプロデューサー逆ギレ? アイン・ランド原作、続編2本の製作を宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月1日 > 酷評されたプロデューサー逆ギレ? アイン・ランド原作、続編2本の製作を宣言
メニュー

酷評されたプロデューサー逆ギレ? アイン・ランド原作、続編2本の製作を宣言

2011年5月1日 08:56

アメリカの保守層に支持されているアイン・ランド

アメリカの保守層に支持されているアイン・ランド
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米の映画批評家から酷評されている映画のプロデューサーが、続編製作に意欲を燃やしている。酷評を浴びているのは、女性思想家アイン・ランドの小説「肩をすくめるアトラス」を映画化した「Atras Shrugged Part 1」だ。

ランドの長編小説を3部作で製作するという意欲作で、4月15日に第1弾が限定公開で封切られたばかり。無名キャスト主演の低予算インディペンデント作品に対し、「娯楽性が欠如」「まとまりがない」「作り手の自己満足」と批判が集中。ローリング・ストーン誌のピーター・トラバースは星ゼロ、シカゴ・サン・タイムズのロジャー・エバートは星ひとつと厳しい評価を下しており、米映画批評サイトRottentomatoesにおける批評の平均点は9%になっている。

しかし、この映画に1000万ドルを出資したとされるプロデューサーのジョン・アグリアロロは、ハリウッド・レポーター誌に、辛口の評価は政治的な理由によるものだと反論。利己主義こそが人間の正しい生き方であると説くアイン・ランドの主張は、アメリカの保守層に強く支持されており、実際に保守派の政治運動ティーパーティーで宣伝されていた。

そうしたアイン・ランドの思想を毛嫌いするリベラルな批評家たちが、無理やり映画をこきおろしているのだと主張している。Rottentomatoesに寄せられた一般観客の評価の平均は85%であり、映画評論家たちがいかに偏っているかを証明しているという。「連中のでたらめな批判のおかげで、活力が沸いてきた」というアグリアロロは、予定通り続編2本の製作に着手するという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi