新「スーパーマン」悪役に、ドイツ出身の美人女優 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月28日 > 新「スーパーマン」悪役に、ドイツ出身の美人女優
メニュー

新「スーパーマン」悪役に、ドイツ出身の美人女優

2011年4月28日 17:02

ドイツ美女が悪役に「スーパーマン」

ドイツ美女が悪役に
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スーパーマン」シリーズ最新作「マン・オブ・スティール(原題)」の悪役に、独女優アンチュ・トラウェがキャスティングされることになりそうだ。

ザック・スナイダー監督がメガホンをとる同作は、ヘンリー・カビルが主人公のスーパーマン/クラーク・ケント役に抜てきされた。悪役ゾッド将軍役には、マイケル・シャノンが決定。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ストーリーには女性の悪役が求められており、カメラテストを受けたトラウェが有力視されているという。

女性の悪役キャラクターは過去、ゾッド将軍と同じクリプトン星の反逆者アーサが「スーパーマン」「スーパーマン II 冒険篇」に登場しているが、今回の役どころの詳細は明らかになっていない。

トラウェは、デニス・クエイドベン・フォスター主演の「パンドラム」(2009)に出演。現在は、ピーター・フリント監督作「Nobels Testament(原題)」をスウェーデンで撮影している。

マン・オブ・スティール」は、クラーク・ケントの恋人でジャーナリストのロイス・レインをエイミー・アダムス、養父ジョナサン・ケントをケビン・コスナー、その妻マーサをダイアン・レインが演じる。今夏シカゴで撮影開始、12年12月に全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi