裸眼3Dディスプレイ、米航空会社や自動車会社が採用へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月27日 > 裸眼3Dディスプレイ、米航空会社や自動車会社が採用へ
メニュー

裸眼3Dディスプレイ、米航空会社や自動車会社が採用へ

2011年4月27日 11:13

[映画.com ニュース] 米航空会社や自動車メーカーが、裸眼で3D映像を体験できるディスプレイの採用を検討していることが明らかになった。

ハリウッド・レポーター誌によれば、3D関連で9つの特許を持つMasterImage3D社は現在、航空会社や自動車メーカーと交渉を行っている最中だという。MasterImage3Dは、3Dのカメラシステムやデジタル映写システムなどで知られているが、現在はセル・マトリックス・パララックス技術と呼ばれる、メガネなしで立体映像を提供するテクノロジーが注目を集めている。

高級車でのオプションとしての需要が高いといい、3D映画がメガネなしで当たり前のように楽しめる時代もそう遠くなさそうだ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi