千秋、元夫の熱愛を祝福 「おめでとうって思いました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月26日 > 千秋、元夫の熱愛を祝福 「おめでとうって思いました」
メニュー

千秋、元夫の熱愛を祝福 「おめでとうって思いました」

2011年4月26日 14:19

トークショーに出席した千秋「キッズ・オールライト」

トークショーに出席した千秋
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの千秋が4月26日、東京・シネマート六本木で行われた映画「キッズ・オールライト」のトークイベントに出席。映画の内容にちなみ、自身の家庭について問われると「元パパにも春が来たみたいでうまくいってます」とコメント。元夫の「ココリコ」遠藤章造と、タレントのマネージャー業の女性との熱愛報道について言及し「前から知っていたので、良かったねって言いました。おめでとうって思いました。ひとりだと家のことで不都合なこともあると思うし、職業柄お世話してくれそうなのでよかったです」と祝福した。

さみしさはないかと問われると「私と娘とパパの関係を理解してくれれば問題ない。娘にとっていいパパであればご自由に」と寛容さを見せたものの、遠藤には「父親として考えて行動して」と釘を刺したことを明かした。自身の恋愛については、「彼氏はいません」と即答。そして「理想は遠藤くんと遠藤くんの彼女と、私と私の新しい彼氏とみんなで娘の運動会を見に行きたい」と笑顔で語った。

キッズ・オールライト」(リサ・チョロデンコ監督)は、匿名の精子提供を受け、それぞれ子どもを持つレズビアンのカップル、ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)の家庭が舞台。2人の子どもが成長し、それぞれの自分たちの父親を探しだそうとする……複雑な背景の中で、家族のあり方や愛情を描いたドラマ。

自らの娘との関係を「対等でお友達同士みたいです」といい、「娘が言いづらいことも言いやすい環境にしたり、悪いことをしたときも頭ごなしに怒らず、上下関係がないようにしています」と子育てについて話した。さらに、「自分が母親になるっていうのは想像していなかったんですけど、すべてが初めてで、失敗もしながら娘に母親にならせてもらっている。子どもを育てながら自分も成長している気がします」としみじみ語った。

キッズ・オールライト」は、4月29日公開。

ジンジャーの朝 さよなら、私が愛した世界[DVD] ジンジャーの朝 さよなら、私が愛した世界[DVD] 最安価格: ¥3,201 冷戦下の1960年代ロンドンを舞台に、思春期の少女が激変する社会の中で成長していく姿を描く。出演:アネット・ベニング
キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,300 原作スティーブン・キング×主演クロエ・グレース・モレッツ。復讐を誓う少女がいま、超能力に荒れ狂う。出演:ジュリアン・ムーア

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi