仏女優マリー=フランス・ピジェさん、66歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月25日 > 仏女優マリー=フランス・ピジェさん、66歳で死去
メニュー

仏女優マリー=フランス・ピジェさん、66歳で死去

2011年4月25日 18:49

「二十歳の恋」の一場面「二十歳の恋」

「二十歳の恋」の一場面
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏女優マリー=フランス・ピジェさんが4月24日(現地時間)、南仏の自宅のプールで死亡しているのを夫が発見した。66歳だった。

1961年、フランソワ・トリュフォー監督の「二十歳の恋」でデビューし、ヌーベルバーグ作品で活躍。その後、ルイス・ブニュエルジャック・リベットアンドレ・テシネらの作品に出演した。主な出演作に「夜霧の恋人たち」「セリーヌとジュリーは舟でゆく」「バロッコ」「ココ・シャネル」などがある。

これまで仏セザール賞の助演女優賞を2度受賞しており、後年は監督や脚本も手がけるなど、女優業以外でも精力的に活動していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi