米航空管制官、勤務中にDVD鑑賞し停職処分に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月22日 > 米航空管制官、勤務中にDVD鑑賞し停職処分に
メニュー

米航空管制官、勤務中にDVD鑑賞し停職処分に

2011年4月22日 11:31

勤務中にDVDを鑑賞した管制官は停職処分に「ザ・クリーナー 消された殺人」

勤務中にDVDを鑑賞した管制官は停職処分に
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米オハイオ州の航空管制センターで、航空管制官が勤務中に映画のDVDを鑑賞し、上司とともに停職処分を受けていたことがわかった。

英ガーディアン紙によれば、同管制官が鑑賞していた映画は「ザ・クリーナー 消された殺人」。サミュエル・L・ジャクソンエド・ハリスが主演した2007年のサスペンスドラマだ。4月17日早朝、オハイオ上空を飛行中のパイロットと管制センターの交信が困難な状況に陥り、約3分間にわたり同作の音声が流れていたため発覚した。

ここのところ、米国内では勤務中の居眠りなど管制官の不祥事が相次いでおり、2カ月の間に少なくとも6件の事例が報告されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi