躁うつ病告白のゼタ=ジョーンズ、ミュージカル映画に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月22日 > 躁うつ病告白のゼタ=ジョーンズ、ミュージカル映画に出演
メニュー

躁うつ病告白のゼタ=ジョーンズ、ミュージカル映画に出演

2011年4月22日 11:31

ミュージカル映画で悪女に「シカゴ」

ミュージカル映画で悪女に
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 躁うつ病治療を公表した女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズが、オールスターキャストのミュージカル映画「ロック・オブ・エイジズ(原題)」出演に向け、交渉の最終段階にあることが分かった。

同作は、ブロードウェイ・ミュージカルを映画化するもので、1987年のロサンゼルス・サンセット大通りを舞台に繰り広げられるラブストーリー。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ゼタ=ジョーンズは、オリジナルには登場しなかった悪女を演じるという。

映画版のメガホンをとるアダム・シャンクマン監督は、「先月思いついたアイデアで、物語を引き締めるために追加された役柄だ」と告白。「(アル・ゴア氏の元妻で音楽の検閲団体を創設した)ティッパー・ゴアと、(アンチ・ゲイ活動家の)アニタ・ブライアントの間に生まれた隠し子のようなキャラクター」と説明した。そして「何をするにも徹底的、モラルを尊び、保守的で、ロサンゼルスからロックンロールを一掃したいと考えている女性」と語っている。

ゼタ=ジョーンズは、02年のミュージカル映画「シカゴ」でアカデミー賞助演女優賞を受賞した。シャンクマン監督は、ゼタ=ジョーンズの参加について「ミュージカルの神が幸運を授けてくれた!」と大喜びだ。同作には、トム・クルーズアレック・ボールドウィンメアリー・J・ブライジポール・ジアマッティラッセル・ブランドジュリアン・ハフが出演する。5月19日にマイアミでクランクインの予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi