「クローバーフィールド」監督、ベストセラー小説「The Passage」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月20日 > 「クローバーフィールド」監督、ベストセラー小説「The Passage」を映画化
メニュー

「クローバーフィールド」監督、ベストセラー小説「The Passage」を映画化

2011年4月20日 11:18

そろそろヒットメーカーの仲間入り?「ゼイリブ」

そろそろヒットメーカーの仲間入り?
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・キング絶賛のベストセラー小説「ザ・パッセージ(原題)」の映画化を、「クローバーフィールド」のマット・リーブス監督が手がけることになった。

同作は、バンパイアが支配する終末のアメリカを舞台に、人類最後の希望とされる少女の旅路が描かれる壮大な物語。原作は、2007年にまだ草稿の段階にもかかわらず、米出版社が争奪戦を繰り広げ、バランタイン社が「ザ・パッセージ」を含む3部作の出版権を375万ドルで落札して話題になった。

Deadlineによれば、映画化権をめぐっても争奪戦がぼっ発し、20世紀フォックスが300万ドル台で落札。リドリー・スコット監督とトニー・スコット監督の製作会社スコット・フリーが、企画開発を手がけてきた。

すでにジョン・ローガンが執筆した脚本が存在するが、リーブス監督の意向にそってリライトが行われる模様。なお、リーブス監督はジョン・カーペンター監督のSFサスペンス「ゼイリブ」の原作となったレイ・ネルソンの短編小説「8 O'Clock in the Morning」の映画化を進めており、どちらを先に着手することになるかは不明。

リーブス監督は「クローバーフィールド」の次に手がけた監督第2作「モールス」(クロエ・モレッツ主演)が好評で、この作品がきっかけとなって監督のオファーが殺到している。親友のJ・J・エイブラムスと同様、ヒットメーカーの仲間入りを果たす日もそう遠くなさそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi