「キラポジョ」の主演映画完成、難病抱えるメンバーも : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月19日 > 「キラポジョ」の主演映画完成、難病抱えるメンバーも
メニュー

「キラポジョ」の主演映画完成、難病抱えるメンバーも

2011年4月19日 16:32

新曲はプリンセス・プリンセスのカバー「DIAMONDS」

新曲はプリンセス・プリンセスのカバー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 六本木を中心に活動するアイドルユニット「キラポジョ」が主演する、ドキュメンタリー映画「DIAMONDS」の完成披露試写会が4月19日、東京・シネマート六本木で行われ、尾家キミ、恵美、すずきゆか月野みゆうらメンバーが舞台挨拶に立った。

2009年に「キラキラ六本木女学院」名義でインディーズ活動を開始。エコアイドルをコンセプトに、日中韓の共同事業である「100万本の植林活動」の植林親善大使に就任した。昨年7月のメジャーデビューを機に、愛称だった「キラポジョ」に改称。同作はメンバーの活動に密着したドキュメンタリーと、2月13日に渋谷で行ったワンマンライブの映像で構成されている。

キラポジョのプロデュースを手がける泉忠司氏は、「夢に向かう女の子が、もがきながら前に進む姿はそれ自体で感動的なドラマを生む。日本全体が逆境にある今、彼女たちの姿をメッセージとして伝えたい」。メジャーデビューを直前にして、メンバー間の分裂騒動もあったといい「いろんなことがあった。それも含めてヒューマンドラマだと思う」と語った。

新曲はプリンセス・プリンセスのカバーで、映画のタイトルにもなっている「DIAMONDS」。CDの収益全額が、東日本大震災の被災地に寄付されることといい、リーダーの尾家は「自分たちに何ができるか考えていた。自分たちの活動に意味があると実感できてうれしい」。恵美は宮城県仙台市、すずきは福島県郡山市出身。「避難している友だちや、家が流された身内もいる。私たちの活動を通して、笑顔になってもらえれば」(恵美)、「知り合いは皆無事だったが、不便な生活をしている。私自身も震災直後は気分が滅入ったが、映画やCDで前向きなパワーを受け取ってほしい」(すずき)と故郷への思いを語った。

また、月野は治療法が確立されていない心臓病を抱えており「いつ突然死してもおかしくないと医師から言われている」。それでも薬を服用しながら、他のメンバーと変わらぬスケジュールをこなす日々で「病気のことは忘れている。人生をかけてもいいなという思いで活動している」と決意を語った。

DIAMONDS」は4月23日からシネマート六本木で2週間限定公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi