井上真央、中島美嘉の復帰初“生歌”に感涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月18日 > 井上真央、中島美嘉の復帰初“生歌”に感涙
メニュー

井上真央、中島美嘉の復帰初“生歌”に感涙

2011年4月18日 20:17

井上真央、感涙「八日目の蝉」

井上真央、感涙
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 耳管開放症の治療で昨年10月からアーティスト活動を休止していた歌手の中島美嘉が4月18日、都内で行われた井上真央の主演映画「八日目の蝉」の完成披露試写会に登場し、主題歌「Dear」を熱唱。中島が復帰後、一般のファンを前に歌唱を披露するのは初めて。昨年10月に行われた「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」(フジテレビ)の公開収録以来、約半年ぶりとなる。

中島は昨年10月下旬、病状が悪化し、すべてのアーティスト活動を休止。デビュー10周年を記念した日本武道館と大阪城ホールでのライブも中止を余儀なくされた。この日、バッサリと髪を切った中島がステージに登場すると、ファンからは「美嘉ちゃん、復帰おめでとう」の声援が。中島本人は緊張した面持ちだったが、圧倒的なパフォーマンスで完全復活を印象付けた。

舞台挨拶に登壇した井上は、もともと中島の大ファンとあって、久しぶりの生歌に感激しきり。あふれる涙を抑えながら「いろいろ思い出してしまって……。作品とリンクして、いろんな感情を歌っていただいた」とコメントするのがやっと。一方、中島は安どの表情で「恋人や家族愛も含めて、大きな愛を歌ったつもり。映画を見てから作った曲なので、映画と一緒に聞いていただけるのが一番合っていると思う」。永作博美森口瑤子成島出監督ら登壇者も中島の歌声に酔いしれていた。


中島美嘉、復帰後初の生歌披露「八日目の蝉」

中島美嘉、復帰後初の生歌披露
[拡大画像]

中島は4月28日の名古屋国際会議場センチュリーホールを皮切りに、全国ツアー「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2011【THE ONLY STAR】」の開催も決定。東日本大震災の影響で一部公演が延期、中止となったが、ファンにとっては“歌姫”との久しぶりの再会となる。

角田光代の人気小説を「孤高のメス」の成島出監督が映画化。幼い自分を誘拐した女に数年間育てられた主人公・恵理菜(井上)の数奇な運命を軸に、母性とは何かを問いかけるサスペンスタッチの人間ドラマ。永作が不倫相手の子どもだった恵理菜を誘拐し、逮捕されるまで自分の子どもとして育てる希和子を演じる。井上は「悩みに悩んだ役だけに、思い入れも強い作品。一筋の光、希望、生命力を感じていただければ」とアピールしていた。

八日目の蝉」は、4月29日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi