アンジー、涙ぐみ日本支援を発表「できる限りのサポートを」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月16日 > アンジー、涙ぐみ日本支援を発表「できる限りのサポートを」
メニュー

アンジー、涙ぐみ日本支援を発表「できる限りのサポートを」

2011年4月16日 06:09

アンジー、日本への支援を発表「カンフー・パンダ」

アンジー、日本への支援を発表
(C)Kaori Suzuki
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「カンフー・パンダ2」のワールドメディアキャンペンが4月14日(現地時間)、米ロサンゼルスで行われ、キャストのジャック・ブラックアンジェリーナ・ジョリーゲイリー・オールドマンと、日本語吹き替え版でブラック演じる主人公のポーの声を務めた「TOKIO」の山口達也が出席した。

3月11日に日本を襲った東日本大震災について、ジョリーは「とても心を痛めています。日本の被災は想像を超えています。家族をはじめ被災した方々が失ったものの大きさを考えると、涙が止まりません。またそんな状況下での日本人の姿勢は素晴らしいと思います。私たちもできる限りのサポートを惜しみません」とコメントし、時折涙ぐみながら記者の質問に答えた。またジョリーは、独自の日本支援について準備を進めていることを発表した。

日本から唯一参加した山口は、08年のカンヌ映画祭以来約3年ぶりにブラックとジョリーとの再会を果たした。「ふたりとも日本を心配してくれ、日本の現状を噂だけではなく、テレビなどのニュースでご自身の目で確認されていました。東北地方の心配はもちろんのこと、日本全体の事をすごく心配してくれて、本当に、ありがたいというか、心強いという気持ちになりました」と感謝の意を表した。

またこの日、ドリームワークスCEOのジェフリー・カッツェンバーグは、被災した子どもを援助する基金を立ち上げ、現在40万ドルが集まっていると発表した。

カンフー・パンダ2」は、08年にヒットした「カンフー・パンダ」の続編で、今回3Dで製作された。カンフーを習得し、伝説の“龍の戦士”となった小心者で食いしん坊のポーは、有能なマスター5たちとともに強力な武器を操り、中国を制圧してカンフーを抹殺するという野望に燃える新たなる敵、孔雀のシェン大老と戦う。

カンフー・パンダ2」は、8月19日から全国で3D公開(一部劇場を除く)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi