マイケル・マン&ポール・ハギス、新作でタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月15日 > マイケル・マン&ポール・ハギス、新作でタッグ
メニュー

マイケル・マン&ポール・ハギス、新作でタッグ

2011年4月15日 11:04

新作でタッグを組むマイケル・マン(左)とポール・ハギス「黄金」

新作でタッグを組むマイケル・マン(左)とポール・ハギス
写真:Rex Features/アフロ、写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイケル・マン監督が、ポール・ハギス監督と新作映画「ゴールド(原題)」でタッグを組むことが明らかになった。

ハリウッド・レポーター誌によれば、同作は金鉱探しを題材にしたサスペンスで、ジョン・ヒューストン監督が1948年に手がけた「黄金」に近いテイストの現代サスペンスになるという。テレビドラマ「フライデー・ナイト・ライツ」の脚本を担当している、パロリック・マセットとジョン・ジンマンが執筆したオリジナル脚本だ。

もともとハギス監督が自らの監督作として準備していたものの、他の作品に関心が移ったため、マン監督に譲ることにしたという。ハギス監督は、プロデューサーとして参加することになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi